The furthest city light

詩を書いて、たまに展示や小さな本の制作をしています。それらの紹介や創作日記を綴るブログです。

雨粒はダンスを終える

f:id:hisohisomaturi:20200521112643j:plain


「人知れずダンスを終えた雨粒の

 見る夢がいま、夜に滲んで」

2015年に書いた詩を掲載した本です。

発 行 :2019/12/05

著 者 :平野雄一

デザイン:ヤマモトミノ

ページ :20P

価 格 :500円

部 数 :50部

内 容 :「六月」「月(兎が餅をついている)」

     「商店街の天使」「雨上がり」

     「短歌」「静かな次郎さん」

取 扱 :

小さい部屋(京都)

恵文社一乗寺店(京都)→取扱終了しました。

 

「六月」

そして六月がやってくる

口笛を吹きながら

口笛は雨を誘う

女は窓の外を眺める

ぽつりぽつりと雨が降り出す

雨の中 女は六月を見ている

六月は雨に降られながら歩いていた

窓に雨粒

ありふれた六月の雨

ありふれた傘をさす

ありふれない雨粒のリズム

雨に歌えば

踊りだすのは雨粒

歩くのは六月

ダンスが溢れて 溢れて

六月は口笛を吹く

部屋の中で女は

六月のカレンダーをめくる

雨音は遠のいて

雨粒はダンスを終える